一昨日の日曜日に「あんずフェスティバル2019」を開催しました!!

昨年は開園30周年記念で多くの方にご来園頂きましたが、

今年も朝から多くのお客様に恵まれ、とても賑やかな1日になりました♪

あんずの花は全体的に五分咲き程度でしたが、

野球場側や展望広場などの花は見ごろを迎えているようでした。

メイン会場には「杏人マルシェ」のお店がすらりと並び、美味しそうな香りが漂っていました…!

 

ステージも、獅子楽や吹奏楽、和太鼓などの演奏に加え、あんずサイダーの早飲みや世界遺産クイズなど参加型の企画もあり、大盛り上がりでした!

勝浦小学校による獅子楽

津屋崎中学校吹奏楽部演奏

麻生しゅんくん 日本舞踊

林田くみ子さん 民謡

あんずサイダーの早飲み

優勝者にはあんずの里市で使えるお買物券を贈呈!大人の部の優勝者はなんと2年連続!!

世界遺産クイズ

正解者には古墳クッキーをプレゼント♪

 

トリはOTO.GATARIによる和太鼓演奏

 

ステージの他にも、楽しいブースが沢山ありました!

世界遺産ブースでは、新原・奴山古墳群が学べるパネルの他にも、勾玉作りの体験も行いました!

自然観察園にはなにやら不思議な空間が…

そこはあんずの森の秘密基地!

足を踏み入れると、森の迷路が出現!

一番奥はなんとお茶席になっているのです。

まるで大きな繭に包まれたようなアートな空間…。

皆でこの空間を自由に作るアートワークショップも行われていました♪

こちらのブースは地域のボランティアの方々が運営して下さいました!!!!

 

お昼にはピクニック気分でお食事を楽しむ家族の姿が。

午後2時からはこども体験型スタンプラリー「あんずDEチャレンジ」も開催!

園内を冒険して、いろんなゲームにチャレンジするこどもたちの姿が♪

当日は祭りと一緒に、多くの方に杏の花見をお楽しみいただいたようです。

あんずフェスティバルは終わってしまいましたが、

花は丁度見ごろを迎えていますので、是非公園に遊びに来て下さいね。

 

 

あんずフェスティバルの目玉、「ふくつチャレンジアスロン」の様子は、後日レポートします♪

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

今日の移動販売で「sorato caféさん」が出店しております。

素材にこだわった美味しいパンがたくさん陳列してありますよ!!。

私はホイップメロンパンを注文しましたが、その場でクリームを注入して完成する“ひと工夫”が素晴らしかったです。もちろん非常に美味しかったですよ。

お立ち寄りの方は、ぜひご賞味ください!!。

 

《 sorato caféさん 》出店予定日 3/12、19、24

《 クレープワゴン ブリス さん 》出店予定日 3/30

※ 天候等により出店を見合わせる場合がございます。予めご了承ください。

 

 

2月10日(日)に1号棟で「宮の元こども陶芸体験教室~絵付け体験をしよう~」を行いました!

津屋崎陶芸同好会の皆様にご協力頂き開催しています。

多くのお申込みを頂き、当日の会場はいっぱいに♪

今回は、お皿や湯呑の他にも、花瓶や猫の形の素材もありました。

好きな素材に絵を描いていく子どもたち。

まずは鉛筆で下書き。鉛筆は焼き入れを行うと消えてしまうので、消さなくても大丈夫なんです♪

下書きを終えたら、専用の絵の具で色づけ。

陶芸同好会のボランティアのスタッフが、アドバイスをして回ります。

ダイナミックな絵を描く子、

繊細な絵柄を描く子、

好きなキャラクターを描く子、様々です。

個性豊かな作品が出来上がりました♪

 

出来上がった作品は一旦お預かりし、焼き上げて引き渡しです。

早速昨日同好会の皆様が窯入れをしてくれました!

本焼きを行い、18日(月)からお渡しできる予定です♪

お楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

1月20日(日)2号棟で「防災ママカフェinふくつ」を開催しました。

当初3号棟を予定していましたが、小さな子どもたちのご参加を多く頂いたため、お手洗いも近く床座で寛げる2号棟に会場を変更しました。

今回初めての開催でしたが、市内外から多くの参加者の方が集まって下さいました。

 

子連れ参加OKでしたので、会場内には小さな子ども達が沢山で、賑やかで楽しい雰囲気に包まれての開始となりました。

講師にかもんさんを迎え、東日本大震災での映像などを流しながら、実際のママたちの体験談や今私たちが備えられること、子どもたちに伝えておくべきことなど、ママ目線ならではの力強く心に響くお話をして下さいました。

途中、目に涙を浮かべる参加者の姿も…。

 

「地震はこわいものじゃないんだよ。地球がうーんって動いてるだけなんだよ。みんなもずっとじーっとしてたら動きたくなるでしょ?」

そんな問いかけをしながら進行していったためか、地震発生時の映像を見ても怖がる子はいませんでした。

 

途中、防災食の試食も行いました。今は様々な種類のものがでており、缶に入ったパンなどをご紹介頂き、皆で食べてみました。
「おいしーい」と気に入って沢山食べてくれる子も♪
災害発生後は防災食の入手が非常に困難になる為、日ごろから備えておくことが大切とのこと。
また、子供は食べなれていないものを急に食べることができない場合も多い為、時々家族で食べてみておくといいそうですよ。

 

皆、家族の命をまもりたい!という思いは同じです。その為に、怖がっているだけじゃなく、「立ち向かうためにはどうすればいいか。」そんなかもんさんの心強いメッセージが込められた素晴らしい2時間半でした。

ご参加いただいた皆様、ご協力頂いたかもんさん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

 

平成30年12月23日にしめ縄作り教室を開催しました!

毎年人気のこのイベントは、今年も大盛況!

すぐに定員が埋まってしまいました。

参加者がそろったら、講師の先生を紹介し、早速作り方の説明を行います。

先生とスタッフが会場を巡回しながら、作り方を教えていきます。

 

リピーターの方も多い中、初めて参加する方も数名いらっしゃいました。

初めての方には、リピーターの手慣れた方が教えてあげる場面も…!

改めて、この津屋崎地区の人の温かさを感じました♪

最後に皆で記念撮影♪

素敵なしめ縄が完成しました!!

 

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

平成30年12月9日(日)に「あんずの里凧揚げ大会」を開催しました!

沢山の参加者に恵まれ、寒い中ではありましたが、わいわいと楽しいイベントになりました♪

 

受付を終え、凧作りを行う子供達。

個性豊かな凧が出来上がっていきます。

 

凧が出来たら、凧揚げです!

野球場内を縦横無尽に楽しそうに走り回る子供達。

全員の凧が完成したところで、凧揚げ大会を行いました。

 

凧作り部門、凧揚げ部門それぞれッ買う3名の優秀賞を表彰しました。

表彰の後は、大空からのプレゼント♪

空から舞い降りる抽選券めがけて、走る!走る!走る!

あんずサンタからちょっぴり早いクリスマスプレゼント♪

当選したみんな、おめでとう♪

最後に参加賞を全員にお渡しして、解散!

 

参加してくれた子供達、寒い中見守ってくれた保護者の皆様、

ご協力頂いた地域凧の会の皆様、本当に有難うございました!!

次回開催は、決定次第、公園HPやFBでお知らせします♪

 

 

 

 

 

平成30年11月30日に開催された福津市の郷育カレッジに参加しました♪

今回のテーマは「沖ノ島と福津・宗像の自然を調べる」です。

 

講師の田中先生が、沖ノ島や福津市・宗像市生態系について教えて下さいました。

 

特に蝶については詳しく教えて頂き、希少な種類の蝶が沢山福津市にも生息していることが解りました。

 

最後はてこの原理を応用したトンボの玩具を皆で作りました♪

 

講師の田中先生は福津・宗像の自然について綴ったHPを運営されています。

詳しは「タカヨシの福津・宗像自然博物館」で検索してみて下さいね♪

 

 

 

 

 

 

12月1日~25日まで、なまずの郷公園入口にクリスマスイルミネーションを点灯しています。

期間限定・時間限定なのでお時間の許されるときに是非お立ち寄りください。

《なまずの郷 クリスマスイルミネーション》
期間  : 12月1日(土)~25日(火)
点灯時間: 17時~21時まで

 

本日、福津市立福間東中学校の生徒さんがみずがめの郷に清掃活動として来所され、園内を清掃していただきました。担当の先生の指示を元に生徒の皆さんが頑張ってくださいました。

福津市立福間東中学校の皆さん、ありがとうございました。

11/8(木)に、福間東中学校の総合的な学習の時間で行う防災学習にお邪魔しました!

毎年、福間郷づくり安心安全部会のボランティアの皆様が「避難所運営ゲームHUG」を使って、

生徒達の防災についての知識を深めるお手伝いをしています。

今回は、福間郷づくり安心安全部会の皆様のご厚意で、

生徒たちと一緒に防災について学ぶべく、運営のお手伝いをさせて頂きました♪

私自身、避難所運営ゲームHUGは何度か体験したことがあるのですが、

運営を行うのは初めての体験でした!

 

このゲームは簡単に説明すると、避難者に見立てた様々な条件のカードや、イベントカードを読み手(ファシリテーター)が配り、

グループで話し合い、考えながら、避難所運営を模擬体験するというものです。

この読み手を今回体験させて頂いたのですが、答えがないこのゲームで、それぞれ意見の違う参加者たちをうまく誘導するのはとても難しく、

安心安全部会の皆様のファシリテーターとしての技術に感銘を受けました…!

グループを盛り上げながらうまく誘導する話術は、さすがの一言です♪

 

1クラス約1時間の授業で4クラスの授業を行うのですが、私が体験した3クラスの生徒たちは、

どのクラスも真剣に話を聞き、グループごとに様々な視点でゲームに取り組んでいました。

 

最後の感想では、「災害時は、中学生が地域の防災のリーダーとなって役に立ちたい」など、

大変心強い言葉が出ていました。

 

公園のスタッフも、1月に福間郷づくり安心安全部下の皆様にご協力頂き、当ゲームを体験する予定です。

実施の様子はまたご報告いたします♪