7/29(日)自然観察会を開催しました!

7月29日(日)に「あんずの里 自然観察会」を行いました!!

当時は台風12号の影響で、あんずの里市さんに会議室をお借りし、室内での開催となりました。

先生と一緒にカブト虫の森の散策が出来ずに、大変申し訳ございませんでした。

 

 

当日は悪天候にも関わらず、キャンセルは一件もなく47人の子供たちとその保護者の方々にお集まり頂きました。

中には昨年参加してくれた子もチラホラ…!

今回は予想を上回る沢山の方々にお申込み頂き、応募開始1時間ほどで定員を上回ってしまいました。
余りの反響にカブト虫のご用意ができそうなギリギリの数まで定員枠を増やしましたが、それでも多くの方をお断りしなければいけませんでした…。
ご参加できなかった皆様には、心よりお詫び申し上げます。

 

当日9時には参加者全員の受付が終了し、簡単な主催者挨拶の後に自然観察会はスタートしました。

受付後に貰ったカブト虫を大切そうに抱えて席に着く子供達。

 

今年も小澤先生にカブト虫についてお話頂きました!
大人でも知らない話が沢山あり、子供たちだけでなく、保護者の皆様も真剣にお話を聞いて下さっていたのがとても印象的でした。

会場内をカブト虫が「ぶーーーーん!」と飛んでいく一幕も!!

お話の後は先生への質問コーナー!
「カブト虫はなんで角があるの?」
「カブト虫は強いの?」
「カブト虫はいつ生まれてくるの?」

まったく止むことのない質問…!本当に子供たちの探求心には驚かされます。
子供たちの質問一つ一つに先生は答えていきます。

中には、
「カブト虫は食べれるの?」なんて質問も!

 

以前先生とお話をした際に、先生は子供たちの質問を聞くのがとても面白くて好きだとお話してくれました。

他の事業でもいつも感じることですが、なんで?どうして?という子供たちの疑問に一緒に向き合うことは、大人にっても非常に素晴らしい体験になります。
私たちは新しい事業を考えるときに「どうしたら子供たちの好奇心をくすぐるだろうか?わくわくする体験になるだろうか?」と考えますが、今回のように交流の中で子供たちはそのヒントを示してくれます。

 

質問が一通り落ち着くと、スケッチタイム。
クレヨンや色鉛筆を使ってカブト虫の絵を描いていきます。

鉛筆で細やかにデッサンを行い色付けする子、
クレヨンで思いのままにダイナミックに描く子、
画材道具の質感を生かして、柔らかな色合いで描く子 等
子供によって様々。1人1人の個性が光りますね。

 

約3分の2の参加者が描き終えたところで、先生が子供たちの為にご厚意で用意してくれた20匹のクワガタをかけてじゃんけん大会を行いました!

見事勝利してクワガタをGETした子は本当におめでとうございます。

 

その後絵を描き終えた参加者はアンケートを回収し、昆虫ゼリーのプレゼントをもらってお別れです。

 

途中雨は降りましたが終了時間には止んでいた為、
「カブト虫の森に今から行ってみる!」
という家族が沢山いました♪
先生と一緒に散策したい!という子供もおり、先生もカブト虫の森へ一緒に出掛けていきました。

 

自然観察会は終了しましたが、あんずの里運動公園には自然観察園を始め豊かな自然が数多くあります。
先生のお話では、今の時期にはミヤマクワガタがいるかも?とのことでしたよ!植物や昆虫観察を楽しむのももちろんお勧めです♪
是非、週末等を利用してあんずの里運動公園で散策を楽しんでみて下さい♪

あんずの里自然観察会で子供たちが描いた絵を昨日からあんずの里市に展示しています!!
是非見に来て下さいね♪