2月10日(日)に1号棟で「宮の元こども陶芸体験教室~絵付け体験をしよう~」を行いました!

津屋崎陶芸同好会の皆様にご協力頂き開催しています。

多くのお申込みを頂き、当日の会場はいっぱいに♪

今回は、お皿や湯呑の他にも、花瓶や猫の形の素材もありました。

好きな素材に絵を描いていく子どもたち。

まずは鉛筆で下書き。鉛筆は焼き入れを行うと消えてしまうので、消さなくても大丈夫なんです♪

下書きを終えたら、専用の絵の具で色づけ。

陶芸同好会のボランティアのスタッフが、アドバイスをして回ります。

ダイナミックな絵を描く子、

繊細な絵柄を描く子、

好きなキャラクターを描く子、様々です。

個性豊かな作品が出来上がりました♪

 

出来上がった作品は一旦お預かりし、焼き上げて引き渡しです。

早速昨日同好会の皆様が窯入れをしてくれました!

本焼きを行い、18日(月)からお渡しできる予定です♪

お楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

1月20日(日)2号棟で「防災ママカフェinふくつ」を開催しました。

当初3号棟を予定していましたが、小さな子どもたちのご参加を多く頂いたため、お手洗いも近く床座で寛げる2号棟に会場を変更しました。

今回初めての開催でしたが、市内外から多くの参加者の方が集まって下さいました。

 

子連れ参加OKでしたので、会場内には小さな子ども達が沢山で、賑やかで楽しい雰囲気に包まれての開始となりました。

講師にかもんさんを迎え、東日本大震災での映像などを流しながら、実際のママたちの体験談や今私たちが備えられること、子どもたちに伝えておくべきことなど、ママ目線ならではの力強く心に響くお話をして下さいました。

途中、目に涙を浮かべる参加者の姿も…。

 

「地震はこわいものじゃないんだよ。地球がうーんって動いてるだけなんだよ。みんなもずっとじーっとしてたら動きたくなるでしょ?」

そんな問いかけをしながら進行していったためか、地震発生時の映像を見ても怖がる子はいませんでした。

 

途中、防災食の試食も行いました。今は様々な種類のものがでており、缶に入ったパンなどをご紹介頂き、皆で食べてみました。
「おいしーい」と気に入って沢山食べてくれる子も♪
災害発生後は防災食の入手が非常に困難になる為、日ごろから備えておくことが大切とのこと。
また、子供は食べなれていないものを急に食べることができない場合も多い為、時々家族で食べてみておくといいそうですよ。

 

皆、家族の命をまもりたい!という思いは同じです。その為に、怖がっているだけじゃなく、「立ち向かうためにはどうすればいいか。」そんなかもんさんの心強いメッセージが込められた素晴らしい2時間半でした。

ご参加いただいた皆様、ご協力頂いたかもんさん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!